2005年06月17日

管理職奮闘記・出張中と追いはぎがでた町

今日は東京へ。色々あったのでちょっとヘルプに行くのだ。

何度も来ているが東京はでかい。大阪の梅田がいくつもある感じだ。
会議を終えて、勤務終了後は今まで通り過ぎるだけだったので秋葉原を覗きに行く。
初めて来たが秋葉原はでかい。大阪の日本橋がいくつもある感じだ。

・・ここまでの表現でお分かりのようにどうも日頃オフィスに閉じこもりがちなので大阪・東京以外の都市を余り知らない。正確には「大阪をたしなむ程度」にしか知らないと言うべきか。酒じゃないんだから。

奈良に住んでいるのいだが、大阪に住む人間からよく馬鹿にされる。
・ド田舎
・修学旅行でしか行かない
・寺しかない
以上が奈良のイメージだ。ハッキリ言おう。だいたい合ってる。
奈良の驚きはこれだけでは済まない。私の実家では未だにこんな看板が出ている。
「毒蜘蛛注意」
北海道の「熊出没注意」なら観光記念シールにもなろうが、セアカゴケグモではサマにもならない。
大阪から奈良のベッドタウンに越してきたのは19年前だが、当時、地元のおばあさんに「・・・ここに住宅地が出来る前はな、追いはぎがよくでたもんじゃ。けっけっけ」と言われ、ちびりそうな位ビビッた。バブル真っ盛りに追いはぎ!とんでもないとこに来たもんだと子供ながらに後悔したものだ。

と言いつつ、綺麗な空気と水かな環境が気に入り、現在は大阪と奈良の県境に中古一戸建てを購入。のんびり暮らしている。

出張中なのでこんなトコで。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/translife/25813183